喘息の発作が出た(自分の)

娘は元気にすくすくとミルクを飲めていますが、父親が疲れてしまいました。体の抵抗力が下がったのか、持病の喘息の発作が出てしまいました。結局、内科を受診し、薬をもらいました。

喘息の発作は、冷たい空気や埃っぽい空気を吸うことにより、気管支が刺激されて発生します(運動しているときの早い呼吸でも刺激されるので、夏でも発作は起きる)。それだけでなく、自分の場合、お酒を飲むだけでも発作が起こります。なので飲み会とかは地味につらく、発作がひどくなる手前でお酒を控えるようにしています(発作は起きている)。その他、ストレスでも発生します。

とはいえ、結局は免疫が過剰に反応するのを抑えられなかったという意味では、体力や抵抗力が下がっていたと思えるし、自律神経の不調とも言うみたいですね…。

ここ最近は生活のリズムがうまくつかめず、身体が休まっていなかったんだと思います(夜泣きは気にならないので大丈夫なのですが…)。また、義母も来てくださっているので家でも気が張っていたというか、気持ちが休まっていなかったんだなと気付きました。

もうしばらくは、娘の生活リズムが出来上がるまでは、妻の体力と娘を優先したいと思います。僕個人としては、健康づくりと、ひとりでゆっくりと気を貯める時間をちゃんと取るようにしようと思った1日でした。

投稿者: sussan_0416

さいたま市に住む一児のエンジニア。出身は北海道札幌市、学生時代に過ごした函館が好き。仕事はiOS・Androidのスマホアプリ開発。前職では、広告配信を最適化する機械学習システムの開発(Python)、アドサーバのAPI(PHP)を担当。