分報、5日間やってみて。周囲と自分の変化。

自分の仕事について、社内でも意外と知られていないという理由から、ひとまず分報を初めて見ることにしました(前回の投稿)。5日間やってみて、をまとめておこうと思います。

周囲の反応と変化

全体共有のチャンネルに雑にポストしましたが、好意的な反応でした。その雑なポストには、4件のリアクションが付き、その後、社内の4分の3くらいが自分のチャンネルにjoinしてくれました。なお、無理にjoinしてもらうほどでもないので、それ以降はとくに呼びかけはしていません。

分報をはじめてしばらくは、僕が投稿するたび、社内の誰かの携帯のバイブが鳴っていました。ちょっと恥ずかしかったのですが、それも数日すると通知を切ってくれたようで、鳴らなくなりました。徐々に、分報との距離感がつかめてきたんじゃないかなと思います。

リアクションの付く投稿は、徐々に固定化されていきました。最初は、いろんな人が、投稿にリアクションを付けてくれていましたが、僕も雑なつぶやきを続けるのもあって、リアクション付くものと付かないものが、はっきりしてきました。実装中に困ったこととか技術的な内容にはリアクションはつきにくく、スキマ時間でデータ可視化した投稿には、いくつかリアクションが付く感じ。

自身の変化

自分の分報との距離感にも変化がありました。初日・2日目は、めちゃくちゃ投稿していたのですが、3日目以降は徐々に投稿が少なくなっていきました。5日目は、なんと5投稿でした。投稿が減ったのは作業に集中していたから。ですが、もう少しつぶやきは増やしたほうが良さそう。思考の可視化・オープン化もしたかったので。

(番外編) 野良データ分析のスキルが上がった

アプリのビルド中などスキマ時間を使って、野良データ分析をやっていたのですが、分報に投稿したいがためにスキルが上昇しました。「野良」と言っているのは、分析チームがあるにもかかわらず、僕が遊びでやっているから。

前職でも使っていたJupyter Notebookを使って、pandas、numpy、scikit-learn、matplotlibを駆使し、自分なりの視点でデータ分析をして可視化、分報に投稿しています。最初はビルドのスキマ時間だけだったのですが、徐々に、1日のうち1〜2時間使うようになってきました。気をつけようと思っていますが、結構面白いので、毎日これくらいの時間を継続したいかもしれない。

まとめ

ひとまず、これからも分報、継続しようと思います。たまーにWebのこともつぶやいたりして、Web担当のエンジニアがリアクションしてくれたりして嬉しかったりします。そういうのをきっかけに、人々に自分のことを知ってもらう機会になったらいいなーと思っています。

分報を始めた頃は、野良データ分析を始めたばかりで、ポストしやすいところを作りたかったのも理由のひとつ。いや、むしろそっちのほうが大きな理由だったかも、今思うと。

分報、始めてみました(1日目)

分報やってみる

今更感はありますが、巷では分報が流行っているらしく、日報や週報ではキャッチしきれない、仕事のリアルタイムな進捗がわかると評判です。自分専用のオープンなチャットルームで、遂行中の業務で考えたことや困っていることをつぶやくことで、周囲の人が手助けしやすくなったりするとのこと。前職の会社では、新卒のエンジニアがSlackの分報ルームを作って、先輩社員とやり取りしていました。今勤めている会社では実施している人がいなかったので、とりあえず自分から試してみることにしました。

自分のタスクさえシェアできていない

始めようと思ったきっかけは主に2つ。隣りに座っている同僚から「いま何のタスクしてます?」と聞かれたことと、エンジニア以外の社員から「いまなに担当してるんでしたっけ?」と聞かれたこと。もうちょっと、仕事を共有する必要があるなと感じました。隣の同僚とは、GithubのIssueにタグつけたりして、今やっていることを可視化する工夫もしたりする(先に始めたのは同僚だった)けど、エンジニア以外の人には、どうも理解してもらいにくいなと感じていたので、ちょうどよいきっかけになりました。

とりあえず1日、こっそりと

「分報はじめました」と社内のSlackに投稿する前に、そもそも自分がやったらどうなるのかを見てみたかったので、とりあえず今日1日、オープンなチャンネルを作りつつも、こっそりやってみることにしました。

今日つぶやいた分報は、以下のような感じでした。

  • 今日のタスクを整理
  • タスクの方針を投稿
  • 読んだ記事に感想つけて投稿(共有ルームは別にあるけど、そこに出すほどでもないもの)
  • 困っていること
  • 業務とは別で個人的にやっていることを曝す
  • 他の人への感謝とか褒めたり

おそらく20投稿くらいしました。

自分の仕事をあえて曝すメリット

まず、思考の整理ができる点はメリット。普段はテキストエディタにタスクの方針を書いたり、仕様をまとめたりしていますが、これを敢えてSlackに曝すメリットは大きいと思いました。仕事の方針を事前に共有できるし、仮に投稿に気づかれなかったとしても、思考の過程を説明する材料になる気がしました。

あとは、業務とは直接関係ないけど、いろいろ試していることも共有できます。日報や週報では落としがちな、スキマ時間で試していることとかも、Slackの分報なら気軽に投稿できてちょっと幸せになります。

最後は、社内へ周知

とりあえず1日やってみたので、最後は社員へ周知します。思いきって投稿しました、 #times-suzuki 見に来てねって。

はっきり言って、自分の仕事を曝すとか結構ハードル高いです。10人ちょっとの人たちにでさえ、一部でも自分の頭の中を曝すとかマジ勘弁という感じでした。周知した直後は、ちょっと手が震える感じでした。

反応は……そこそこ?とりあえず、リアクションはついたし、続々とチャンネルにジョインしてくれたので、たぶん大丈夫。とりあえず3日試してみて、様子見てみよう……。

そして、この投稿も、せっかくなのでTwitterに曝してみよう。。。