仕事中に見つけたロゴを勝手に視覚調整する試み(2)

前回に引き続き、ロゴの視覚調整シリーズ。こちらも2年前の試み。当時勤めていた会社の中で見つけたロゴを、勝手に視覚調整します。

試行

例によってロゴの紹介とかはしません。毎度ですが、ロゴの正規のデータがあるわけではないので、トレースしたものを使用します。ひとまず、調整前後の画像を。

アウトラインでの比較

まず、ロゴから感じるジオメトリック感、格子に従ってパスを引いた感。もうすこしヒューマニストというジャンルのフォントに近づけたいなぁという感じ。

オリジナルの分析

オリジナルの分析

まず気になっている箇所をまとめてみます。

  • 縦と横の線の幅
    • 同じ幅になっているので、横を細くすることで調整します

    • 円形の文字は、見た目の水平方向の線(Xハイト、ベースライン)よりも小さく見えがちなので、上下少しはみ出すようにします
  • Sのギクシャク感をなんとかする
    • 変曲点に角度をつけてあげることでなんとかスムーズにしてあげたい
  • カーブの進入
    • 全体的に硬いので、もう少し緩やかにカーブに入れるように調整
  • 複数のストロークが連結するポイント
    • 黒みが増してしまうので、スッキリさせる

1回目の試行

なんとか調整してみました。それでも「S」のギクシャク感は残ります。

1回目の視覚調整

2回目の試行

1回目と比べてSのカーブは緩やかになりました。しかしながら、ちょっともっさりしてしまったかもしれません。2回めでもまだ赤を入れたい感じ、入れたし。

2回目の視覚調整、下段は1回目との比較

1回目の視覚調整と、2回目の視覚調整をそれぞれオリジナルと比べてみました。やはりSはだいぶマシになったかなぁと言う感じ。

こうしてみると、aとpは下寄り、yとnは上寄りに見えます。視覚調整後は軽減されているもののまだという感じ。

1回目と2回目の視覚調整をそれぞれオリジナルと比較

まとめ

円と直線だけで構成されている文字だからこそ、視覚調整した方が良いと思っての取り組みでした。いろいろ調整してみましたが、「S」の歪んだ感じは課題が残ったし、「a」「p」が正円のままになっていたりと、まだ直せそうです…。

全体的には、線の流れがスムーズになって、もっさりした感じを取り除くことができたと思います。

通勤中に見つけたロゴを勝手に視覚調整する試み(1)

2年前のとりくみだけど、改めてまとめておくことにします。

きっかけ・動機

毎日見ている電車の広告ですが、その中でも特に違和感を感じていたロゴがありました(今回のもの)。それならばいっそ、勝手に自分の思うロゴに変えてしまって、自己満足しちゃおうという試みです。自分の勝手な感覚だけで視覚調整をするわけですが、これを通して、見た目のバランス調整について友人たちに知ってもらいたかったというのもありました(当時はFacebookでシェアした)。共感は得られにくい。

試行

あえて、どこの団体のロゴに手を加えるなんて言う紹介もしません。純粋に、違和感を感じたもの「そのもの」だけに集中するので。そもそも、本物のロゴの意図なんてものは一切知らないわけです。なので、純粋に、違和感を感じている部分だけを直していきます。

ひとまず、視覚調整前後の画像を2枚。

本物のロゴタイプをトレースしたもの(上)、勝手に視覚調整したもの(下)
アウトラインで比較

とても細かい調整をしましたがざっくりまとめると以下の通り。

    • 縦に長く見えてしまう、若干下寄りに見えるので、ベースラインを少し調整
    • とにかく細く見える、偏と旁の位置のバランスが悪いので、偏を太く大きくし位置調整
    • 左右のはらいが少し細めに感じたので、ちょっと太く変更
気になっている箇所まとめ

まとめ

本物のロゴでは、水平方向の直線を強く感じましたが、調整を通して、緩やかリズム・流れを作ることができたかなと思います。

もう少し調整したかったという感想を持った記憶がありますが、当時は仕事が忙しかったのでここまでという感じ。

Arduinoを使って娘の覚醒状態をLINE通知する(試作最終形)

3月から始めたArduinoからLINEに通知するシステムですが、4月は忙しく全く手がつかず、5月の連休にやっと最終形にたどり着きました。途中の投稿はこちら。

Arduinoを使って娘の覚醒状態をLINE通知する(まだ途中)

試作機最終形

最終形と言っているものの、ひとまず手元にあったケースに入れただけ。とはいえ、マイクで声を拾って、LINEに通知を送る目的は達成しました。

制作意図と課題

課題は、1階で食器洗いや洗濯をしていると、2階で寝ている娘の泣き声が聞こえにくいことでした。

システム

Arduinoでマイクの音を処理し、一定のレベルを超える入力があったら、娘ボットのAPIに通知します。娘ボットAPIから、LINE Messaging APIにプッシュ通知リクエストを投げ、妻と僕のLINEに通知が届くようにしました。

Arduino側の実装

ここについては、だいたい当初の予定通り、ESP-WROOM02とアンプ付きマイクモジュールをArduinoに接続するだけで達成。その他、システムの状態を表示するLEDを付けたりもしました。

最低限の実装は下の写真の通り。

 

覚醒状態検出アルゴリズム

大したことをしているわけではないです。アンプ付きのマイクモジュールがノイズを拾いやすかったことと、Arduinoで使えるデータストレージが小さいので、いろいろ処理しています。

通知までの処理は、差分→差分の移動平均→しきい値を超えた回数をカウント→カウントのしきい値を超えたら通知することにしています。

元の波形。

差分。

差分の移動平均。

ここに、声ははっきり現れるので、どれくらい長く変化が続いたかを数えることで、泣いているかどうかを判定します。

試行と感想

実際に娘が寝ている横でArduinoの電源を入れ、ちゃんと通知が届くことを確認しました。まれに泣いていなくても通知が来ることがありましたが、ある程度の精度はありました。使用した妻からは、泣いているときは通知がくるので安心との感想を得ることができました。

システムの弱点が有ることも予想できていました。大きな音のノイズには弱いです。5月上旬は寒かったので、エアコンを付けていたのですが、それから出る低周波に反応してしまいました。

差分でやっている以上、しかたがないことです。FFTなどで周波数ごとに分解して処理するようにしたら、エアコンに反応しないようにできるかもしれません。

今後の課題

いろいろありますが、ざっくり以下のような感じです。

  • ノイズに反応しないように改善する
    • ハイパス、ローパスの回路を組み込んでアンプを自作する
    • FFTをかけて、人の声の周波数帯で音量を測定するようにする
  • 機械の堅牢性を高める
    • 娘に壊されないよう、ある程度雑に扱っても壊れないようにする
    • コンセント電源をやめ、電池駆動にする
    • 専用のケースを作る
      • 手作業での木材の加工は意外と難しいことがわかったので、その他の材料を検討する
  • 2階で拾った音をそのまま1階でスピーカーなどで流せばよかったのではという代替案も出てきた

以上。

100均のMDF材でルーターボックスをDIY

ダイソーで買ったMDF材を使用して、この場所専用のルーターボックスを自作しました。

もともと置いていたルーターボックスは、ダイソーで購入した蓋なしの浅いプラケースを縦置きで2つ重ねて結束バンドで繋げた簡素なものでした。プラケースの底面が表側に見えるので、上から風呂敷をかぶせて、なんとなく化粧させていました。

見栄えが悪く不安定で、放熱も悪そうなのがずっと気になっていたので、この際自作することにしました。

材料と道具

  • MDF材(ダイソー)
    • 400 x 300 x 6mm を2枚
  • のこぎり
  • 糸ノコ
  • キリ
  • 接着剤(ボンド)

制作過程

スケッチ

まず、設置場所の寸法を測って、ボックス全体の寸法の検討です。この段階で、ある程度アイデアを固めました。

SketchUp

手書きのスケッチだけでは、実寸で組み立てたときのイメージが難しいので、無料の3Dモデリングツール「SketchUp」を使って、完成形をスケッチしました。全体のデザインも悪くなさそうだったので、これで作ることにしました。

切り出す部品を整理

SketchUpで確定したモデリングをもとに、板から切り出す部品を整理しました。

板から部品を切り出し

のこぎりと糸ノコを使用しました。思った以上に真っ直ぐ切ることが難しかったです。のこぎりはかなり浅い角度にすることで、やっとスムーズに、比較的真っ直ぐに切ることができました。薄い板を浅い角度で切っていくことは中学の技術の授業で習いましたが、6mmの厚さでもかなり浅い角度にしないと切れないことが意外でした。糸ノコは難しすぎたので、2段めと3段目に開ける予定だったケーブルを通す穴は、作らないことにしました。

接着

最後は、すべての部品を接着剤でくっつけました。釘は使いたくなかったので今回は不使用です。

以上で、完成です。

雑感

木材の加工は難しい。機械で切るスキルを身につけたい。

  • レーザーカッター(大学でやったけど、断面が焦げるのが好きじゃない)
  • CNCミリングマシン(使ったこと無い)
  • カッティングプロッタ(木は切れないけど、欲しい)

遺伝的アルゴリズムを用いたCI風ロゴの生成

遺伝的アルゴリズムを使って、CIのようなロゴっぽいものをコンピュータにデザインさせる試みをしてみました。各世代5個体、70世代まで生成してみました。 “遺伝的アルゴリズムを用いたCI風ロゴの生成” の続きを読む