Mac で ESPr Developer: ESP-WROOM-02開発キットのシリアルポートが表示されないとき

Qiitaにも書いた記事ですが、備忘録としてこちらにも

ESPr Developer

スイッチサイエンスで販売しているESPr Developerは、ESP-WROOM-02の開発キット。
シリアルモジュールも実装されているから、USBでPCと接続するだけで、IoT開発を始められる…!

接続してもシリアルポートに出てこない

Arduinoを接続しているときは、シリアルポートのメニューにちゃんと、/dev/cu.usbmodem1411のようなポート名が表示されます。 
しかしながら、ESPr Developerを接続したときには、それらしいポートは見当たりません。ましてや、Bluetoothのはずがない…!

FT231X のVCPドライバをインストール

VCP(仮想COMポート)が必要でした!
FTDIのサイトから、Mac OS X 10.9 and aboveの64bit用ドライバをダウンロードしました。

ダウンロードしたdmgを開き、インストールします。
インストールしたあとは、再起動が必要です(そうしないとArduino IDEのポートに表示されなかった)。

シリアルポートが表示された!

無事に表示されました!
(よくわかんないけど、きっとこれがポートなんだろう!とりあえず選択しておきます)

シリアルモニタを開いて、ボーレートを115200 bpsにし、改行コードをCRおよびLFで設定します。
ESPr Developerのリセットボタンを押すと……ESP-WROOM-02からreadyのレスポンスが届きました!

readyが表示されている!

これで、ESPr Developerで開発を始められます!


なぜFTDIのVCPドライバをインストールしたか

USBに刺さっているものが、FT231Xだとわかったからですね。
(このMacについて > システムレポート… から行ける画面ですね)

システムレポートのUSBの項目

この画面を開くきっかけになったのは、「Mac USB serial port not showing」のクエリでググっている時に見た、Appleのサポートコミュニティのサイトで、「設定のところから、USBに刺さってるものが何なのか見てごらんよ」って書いてあったので、「システムレポート」にたどり着きました。

とはいえ、それよりも前に、Arduinoのフォーラムのスレッド中に解決策が書いてあったのですが、気づかず読み過ごしていました……。なぜなら最後の投稿に、「ケーブル変えたら直ったよ!やいやらw」って書いてあったので……。

ひとまず、これで開発を始められます!

ArduinoとESP-WROOM-02(ESP8266)の接続

Arduinoを使って娘の覚醒状態をLINE通知しようとして早1ヶ月半が経ちましたが、3月後半〜4月は忙しく、全然制作が進んでいませんでした。その間に娘はすっかり成長し、寝返りも良くするようになったし、いよいよハイハイもし始めるんじゃないかという状況。別の課題が出てくる前に、泣いたら通知するところまでは作りたい。

ESP-WROOM-02(ESP8266)

とりあえずESP-WROOM-02が全然うんともすんとも言わなくて(「ready」って表示してくれなくて)しんどかった。

とりあえず、以下のような接続をしたらArduinoとシリアル通信ができた。

  • 3v3とEVに3.3Vつなぐ(EVには適当な抵抗を付けとく)
  • GNDは接地。2つあったけど片方でも良さそう。
  • RSTには3.3Vかけておく。ボタンがあれば、ボタンを押したときに接地するようにしておけばリセット機能が使える
  • GPIO15は接地(これを知らなくて1日ハマった)。なぜこれをしなきゃならないのかさっぱりわからん。

不要だった部品

  • レギュレータのモジュール(どこのメーカーかわからない3.3V、800mAのレギュレータ。Amazonで買った。Arduinoから出る3.3Vでは足りないという記事もあったが、問題なかった)
  • レベルシフタ(有るとシリアル通信が良くなるのだと思うけれど、無くても動いた)

ノイズ

ESP-WROOM-02のすぐそばで、秋月で買ったアンプ付きマイクモジュールを使っているのだけれど、かなりノイズが乗っていて使い勝手が悪い。そもそものモジュールにマイクを付けるときに温め過ぎちゃったのか、アンプ回路にWifiの電波が干渉しているのか、さっぱりわからない。

引き続きがんばる…。