担当するサービスが変わって改めて大切だと思ったこと

同じ部署の同僚と話していて、改めてわかった。

自分の経験や、先輩社員の話も踏まえて、所属する開発チームが変わってすぐの頃は、

  • 担当するサービスをしっかり知ること
    • サービスの意義、目指している世界観、課題
    • チーム内用語、スラング含む
  • 開発環境を知ること
    • 特にデバッグ方法が大事
    • ログの確認方法を知っておく
  • 入口と出口を常に意識すること
    • 最終的に何を出力するサービスなのか
    • 何をきっかけに処理が始まるのか

上記のことを、部署変わってすぐだけでなく、常に意識し続けることが大事だと改めてわかった。

引越し

自分が引越したのではなく、自分が担当してきたサービスをお引越しさせた。

入社してから一番の大仕事だった。アプリケーション側ばかりやっていたので、はじめはインフラ構成すら正しく理解していない状態で取り掛かったが、最終的には、無事引越すことができた。

最後の後始末がまだ幾つか残っているが、ある程度落ち着いたら、どこかのサービスかブログにまとめておこうと思う。