前駆陣痛(3)

何時かよく覚えていないんだけど、たぶん今朝4時半くらいに妻から陣痛っぽいと起こされた。しばらく陣痛の間隔を測ったところ10分以内の間隔だったので、タクシーで病院へ。入院もできるように、荷物を持って、診てもらいに行った。 結局、入院にはならず、9時半ころに帰宅。もっと痛みが強くならないと、入院にならないということだった。子宮口もまだ完全には開いていないようで、今回は前駆陣痛だった。 結局陣痛って、どれくらいの痛みだと本陣痛といえるのかわからない。どうなったら病院に電話してよいのか、いまいちわからない。病院の人が言っていた感じだと、以下のような感じ。 痛みが来たときに、話すのもしんどかったり、その時の作業を止めないとつらいほどの陣痛が10分間隔であるとき 腰むしろお尻が痛くなってきた 胎動がない 破水 というようなときには、電話してくださいとのこと。 今日は一旦仮眠を取って、昼から運動をしたり、本を読んだり、9月の残務処理をしてたという感じ。 帰宅したとはいえ、痛みはずっと続いているようなので、徐々に強くなっていけば入院という感じだと思う。...

出産予定日

ここ数日は仕事が忙しくて、日記書かずに寝てしまった。 出産予定日になった。最初は18日という話だったが、いま通っている転院後の病院で改めて診てもらったら、23日に修正になった。 先週、おしるしっぽいものが出たが、それは先週の診察の内診の影響だった模様。昨日あたりから、おそらく本番のおしるしが出ているっぽい。おしるしは、生理中の出血のような感じのようで、子宮口が開いてきているために出るらしい。 おしるしや破水、陣痛の順番は、人それぞれで、おしるしが来てから陣痛が来る人もいれば、前触れ無く陣痛が始まる人もいるらしい。おしるしが来てから、数時間で産む人もいれば、1週間たっても生まれない人もいるらしい。 ところで、23日は、妻も僕も、友人の結婚式の日。妻は地元で、僕は会社の同期の結婚式が電車で2時間のところである。もちろん妻は自宅におりますが、いつ陣痛が来るか心配だけどひとまず僕は行ってきます。もし産気づいたらすぐ戻るつもり…!...

前駆陣痛(2)

昨晩は定期的な痛みがあったようで、本当に陣痛が始まったのではないかという状況だった。骨盤の痛み、寝ていればお尻の痛みがあったりと、妻は寝られない夜だったろうと思う。 ちなみに痛みの間隔は8分で、時間だけ見れば病院に行っていい程。痛みが継続するのは数分程度だったようだ。痛みも、本当の陣痛か前駆陣痛なのか判別しにくかったようなので、今回は前駆陣痛だったみたい。 今日は胎動が少なめだったとのこと。胎動が少なくなるのは、赤ちゃんが骨盤に収まることで、動ける範囲が狭くなるためらしい。 陣痛は、副交感神経が優位になるよるなリラックスしたときに来やすいらしい。夕食後とか寝る前とかに陣痛は起こりやすいらしい。 今夜か、明日か。週末になるのかな。仕事、引き継げるようにしておかねば…。...

骨盤の痛み

3連休中に生まれるかなと思ったけど、まだでした。お腹の中の赤ちゃんは変わらず元気。妻の腰骨は徐々に広がってきているようで、痛みがあるようです。 子宮が下がってきていたため、胃のあたり、胸の下は以前より柔らかく、中の空洞を感じるようになりました。そして、よりお腹が前に出るようになってきているように見えます。これから、骨盤にすっぽり赤ちゃんが収まれば、いよいよ出産という感じなのでしょうか。...

前駆陣痛か

昨日くらいから、前駆陣痛っぽいものが始まっているらしい。水曜に受けた内診のせいかわからないけど、おしるしっぽいのもあったらしい。 前駆陣痛による痛みは、子宮が徐々に下がってきて、子宮口が開く練習をしている痛みらしい。痛みは10秒くらい続くこともあるとか。不定期だからまだ本番の陣痛ではない。 いよいよなのかなぁと思う。三連休で生まれるのかな。 そういえば、妻がお腹を撫でる動作には、お腹そのものをさすっているときと、お腹の中の子どもを撫でているときの二種類あるなと思った。生まれる前から子どもに触れているんだなと。...

分娩予約金を払い戻ししてもらった

2回目の転院。今回は分娩予約金を支払い済みだったため、それの払い戻しの受取に産院へ行ってきた。 1箇所目の産婦人科は、近所だったけど分娩は行っていなかった。なので、転院は必然(そういえばこのときも、紙の紹介状をもらったのだった)。 2箇所目の産院は、分娩も可能なところで、予約金20万円をクレジットカードで支払った(ポイントがつくから)。 そして3箇所目へ。胎児の心拍が速いため、分娩が困難とのとこで大きな病院へ転院。2箇所目の産院から、分娩予約金を払い戻してもらうことになった。 払い戻し金は現金だった(クレジットのポイントはどうなる?そのまま?)。 分娩予約金は、医療機関ごとに異なるし、支払うタイミングもバラバラ。...

紹介状を紙で直接手渡しされることにどんな価値があるのか

検診で、お腹の中の子どもの脈拍が速いという診断が出た。脈拍が速いと、分娩が危険なこともあるらしい(まだちゃんと調べていない)。いつも妻を診察してくださっている産院ではその原因を判断できないようで、大きめの病院で診てもらうことになった。 紹介状が出るので、妻か僕が、それを受け取りに行かねばならない。郵送で送ってもらうこともできそうという話だったが、出産間近ということもあり、直接がいいらしい。 そもそも出産間近であるなら、なおさら技術を使って早く届けたほうがよいのでは?メールとかじゃダメなの?手書きである必要があるなら、画像やPDFで送ればいいじゃんと思ってしまう。 直接手渡しされる紙の紹介状に、どれほどの価値があるのか。ちょっとまだ良くわからない……。...

子育て教室2回目で学んだこと(陣痛・分娩・黄疸・新生児月経)

妻が出産する医院で、初産を迎えるカップル向けの子育て教室があった。内容は、出産を迎えるにあたっての心構えの話、出産時に過ごす待機室や分娩室の見学、赤ちゃんのお世話を実際に体験とお父さんの妊婦体験という内容だった。市(区)が開催する教室にも1ヶ月ほど前に参加したので、おむつ交換と妊婦体験は2回目。 今回新しくに学んだ内容をまとめておく。 陣痛と分娩 陣痛と分娩についてこれまで知らなかったことがあったので。 陣痛 陣痛(分娩陣痛)は、「子宮口を広げるため」と言っていた。収縮することで、出口を広げているらしい。赤ちゃんを押し出すためだけじゃなかったことが理解できた。しかも、陣痛にもいろいろ種類があって、分娩後にも子宮がもとに戻ろうとする痛みがあるということが分かった。 http://www.dear-mom.net/bunben0803b.html 分娩 分娩には4つのフェーズがある。産んでおしまいというわけではない。前駆期も含めると、5つ。 前駆期 胃がスッキリする(子宮が下がり、赤ちゃんが骨盤に収まるらしい) 分娩1期(開口期) 陣痛が長く、間隔が短くなっていく、子宮口が開いていく 分娩2期(娩出期) 子宮口は10cmまで広がっている、出産 分娩3期 後産期陣痛、胎盤の剥離、摘出 分娩4期 後陣痛、会陰の痛みがある http://www.dear-mom.net/bunben0903.html 黄疸 黄疸は、血中のビリルビン(赤血球が破壊されることでできる黄色い物質)の濃度が高くなることで、肌が黄色くなる現象。ビリルビンは通常、肝臓で処理され、胆汁に含まれて体外に排出される。新生児黄疸は、肝臓の機能が未発達のときに起きる。ビリルビンは、体を光に当てることで破壊できる。黄疸がでた赤ちゃんがケースで光に当てられているのは、これが理由だった。 https://192abc.com/31245 http://www.jaclap.org/labo/labo-305-6.html https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%AA%E3%83%AB%E3%83%93%E3%83%B3 ビリルビンは酸化すると、緑色のビリベルジンに戻る。オムツ替え交換のときに、赤ちゃんのうんちを放置していると緑色になることがあるらしいが、これが原因。 沐浴 大人とお風呂に入ってはいけないから。細菌感染を防ぐのが大きい。 沐浴のときには、ガーゼを掛けてあげると赤ちゃんは安心するらしい。ガーゼを握らせてあげたりすると良いらしい。 オムツ替えと着替え交換 これは2回目でもまだ難しい。おそらく本番ではもっと手間取ると思う。区の体験教室では話題に上がらなかった、新生児月経と新生児帯下について。 新生児月経・新生児帯下 生後2〜3日に発生。おりもの、経血が出ることがある。女性ホルモンが急激に減ることで起こるらしい。母体から受けていた女性ホルモンが、へその緒を切られることで急激に減る。 https://mamari.jp/8704 余談 最近はすっかり涙もろくなったのか、出産ビデオを見るだけでも涙が出そうになって堪えるのが大変だった。感情移入しやすいくらい自分事になっているんだろうな。妻が出産したら嬉しくて泣けると思う。...