WordPressが高機能すぎて、普段の使用では知らなかった機能がたくさんあることがわかりました。

ここ最近、少しでもこのブログを扱いやすくしたいと思って、本を読みながらWordPressの開発方法を勉強しています(ソシム「WordPress ステップアップブック」)。その中でわかってきた機能を、メモしておきます。

外部コンテンツの埋め込み

WordPressには、テキスト内のURLを解析して他のサイトのコンテンツを埋め込みしてくれる機能があるみたいです(oEmbedというらしい)。YouTubeやTwitter、InstagramなどUGCを主体としたサイトのコンテンツURLを記述したらOKみたいです。

(追記: 2019/08/14) このブログは当初、WordPressで書いていましたが、現在は、静的サイトジェネレータの「Hugo」で書いています。 Hugoにも埋め込みができる機能があり、Shortcodeと呼ばれています。 以下2つの埋め込みは、Shortcodeで埋め込んだものです。

View this post on Instagram

函館に来ていますが、すぐ帰ります。 数年前までは深夜急行が走っていたので、駅は夜も明るく開いていました。 でも今は真っ暗、開いてないみたい…。

A post shared by Takahiro Suzuki (@sussan0416) on

JavaScriptの扱い方

これまで、ヘッダーまたはフッターにスクリプトを書く場合、wp_headやwp_footerのフックでechoするように書いていたんだけど、推奨されているわけではないことがわかった。wp_register_scriptというメソッドで追加するらしい。まだやってないけど、今後対応するつもり。てか主要なJavaScriptのライブラリ?はWordPressにEmbedされているっぽくて、それを使えば良さそう。

エディタのアイコンをカスタマイズ

できるらしい(まだやってないけど)。このへんが参考になる。

WordPress:ビジュアルエディタをカスタマイズする際の備忘録

ひとまず、今日はこのへんで。