2019年の6月末で会社員を辞めてから、ちょうど1年が過ぎました。 ここで改めて、フリーランスのエンジニアとして仕事をしてきた1年を振り返ってみたいと思います。 今回は、会社員ではない働き方を選んだきっかけと、妻との相談や説得についてまとめたいと思います。

フリーランスを選んだきっかけ

もともと独立願望がなかったわけではないですが、これといって会社員をやめる理由もなく、それに向けて具体的に動いていたわけではありませんでした。 僕の周りにはフリーランスになったエンジニアがちらほらいましたが、自分には難しそうだなと感じていたくらいです。 そんな感じで過ごしていたところで、以下のきっかけが揃ったことで、フリーランスを真剣に考えるようになりました。

箇条書きですが、リストアップしてみます。

家族のこと

  • 妻が第2子を妊娠した
    • めでたい
  • 専業主婦だから妊婦健診は平日しか受けられない
    • 当時1歳半の上の子を連れて行くのがとても大変(動き回るし、親の言葉もまだ十分には理解できない、1人で待たせられない)
    • 上の子をどこかに預ける考えはなかった(僕が面倒を見る)
    • 僕が仕事の休みを取ることになる(半休取るくらいなら、いっそ休みにしたい → 有給休暇が減るから)
  • 上の子の成長スピードが早い
    • 仕事から帰ると寝ている、朝と休日しか関われないのがつらい

自分のこと

  • 自分の技術に自信がなかった
    • iOS、Android、PHPいろいろやってきたけど、どれに自信がある?どれが専門?わからなかった
  • 副業でやっていた開発案件の稼働が不安定になりがち
    • 平日の夜の開発は大変、土日を使うのがしんどい
    • 平日の仕事を4日以下にしたい
  • 会社の方針と、自分の考えのズレ
    • きっかけがあれば転職しようかなと考えていた

※しばしば周囲から「給料が低かったんでしょ」や「高い報酬をもらえるからでしょ」のように言われることもありますが、それらの考えはありませんでした。

妻への相談と説得

妻とは数回「フリーランスになろうと思うんだけどどう思う?」といった旨の話をしました。 最終的には、妻から「産まれてからだともっときっかけがなくなるかもしれないから、今やってみたら」という旨の言葉を得られました。

ここらで、相談していたときに出てきた妻からの不安をまとめてみます。

生活できるのか

ここについては僕も不安がありました。しかし、会社員時代さらには学生時代まで遡ると、すでにいくつかのセーフティネットが用意できていました。

  • 会社員時代にやっていた副業
    • 稼働を安定化することで、継続的な収入を作る
    • 万が一、他の収入がなっていくとしても、対策を取るための時間を作れる
  • 就職活動のときにお世話になったエージェントさん
    • 仕事をもらうなら信頼している人がいい……
    • 定期的な収入を作りたいので、長く続けられる業務委託案件を探す
  • 学生時代にお世話になった先生に連絡
    • 学術系・研究系のスポット案件を、運が良ければ得られる

セーフティネットがあることや、いきなり無一文になるという見込みはなかったことは、自分にとっても安心材料になりました。 まずは定常的な収入を得られるように動く、それでひとまず家計も安定させる。そのへんを妻と約束したと思います。

貯蓄・税金・年金どうなるの

フリーランスは月々の出費がかなり多いです。年金(妻含む)・健康保険(任意継続は2年間)・国民年金基金(確定拠出年金)・住民税などなど、会社員のときは考えなかった出費がたくさんあります。 妻と相談する際には、事前に月々の生活費の目安も聞いておくなどして、家計も含めてかかる出費を試算し、最低限必要な収入の目安を考えておきました。

目安の最低限は、税金や社会保険のような必要な出費は確保した上で、家計も今まで通り暮らせる程度。妻には「これまで通りの生活を続けてほしい」と、お願いしておきました。

※ 生活と社保費用だけを得ていては、開発用端末やSIM代などの出費ができません。その分も得られるように報酬を考える必要があります。

その他、妻との約束

その他、いくつか撤退ラインや撤退条件を相談していました。

  • 生活の貯金残高が(無収入で半年過ごせる分の残高)を下回ったら、会社員に戻る
    • 撤退ラインを予め相談しておく
  • 確定申告1回はやる
    • 会社員のときの確定申告とどう変わるか、見てみたいとのことだった
  • 毎朝7時に起きて運動
    • できてない(てか完全リモートを想定していたし……)
    • いま完全リモートなのにできてない(よくない)

まとめ フリーランスになってどう変わったか

今回は、フリーランスになるきっかけと、妻との相談や説得について、振り返りました。 実際、フリーランスになってどうだったかというと……

  • 妻が1人で妊婦健診に行けるようになった
    • 検診がない日は、僕が役所へ行くなどもできる
  • 子どもと接する時間が増えた
  • 仕事で扱う技術を絞ることで、技術スキルの向上ができた
  • 副業でやっていた案件(いまは本業の案件)が、会社員時代よりは安定稼働できるようになった

全体としては、家庭も自分も満足行く選択だったなと思います。