すっさんぽ
  1. Posts/

ESP-WROOM-02の書き込み方法と実行方法

·

ESP-WROOM-02(ESP8266)に、Arduino IDEからプログラムを書き込む方法と、実行する方法をまとめます。 いつもググっているので、備忘録としてまとめます。

データシートに書いてある内容から、書き込みで必要なピンをまとめます。

ピン名 機能説明(引用) 接続先
3V3 3.3V power supply 電源 3.3Vに接続する。500mA以上
EN Chip enable pin. Active high. プルアップ
IO15 UART0_RTS プルダウン
IO0 UART download: pull down
Flash boot: floating or pull up
プルダウンで書き込み、プルアップで実行
RXD UART0_RXD, receive end in UART download USBシリアルのTXDに接続
TXD UART0_TXD, transmit end in UART download, floating or pull up USBシリアルのRXDに接続(接続していなくても良さそうな説明になっているけど)
RST Reset スイッチを介してGND
GNDすべて GND GND
  • プルアップ・プルダウンには、10kΩを使っている資料が多い
  • IO2をプルアップするとの資料もあるが、データシートを見た感じだと非接続で良さそう
  • IO0をプルダウンしてRSTをすると、プログラムの書き込みモードになる
  • IO0をプルアップしてRSTをすると、実行モードになる
  • RSTでなくENをスイッチさせることでも良いのかも……?
  • 実行時はEN3V3より遅れてHIGHにさせると動作が安定するらしい

参考資料