IFTTTのWebhooksのURI

定期的に遊びたくなるIFTTT。今日はWebhooksで遊ぶ。忘れがちなWebhooksのURIをメモしておく。 IF – Receive a web request Webhookの登録は簡単。WebhoookのEvent Nameを設定するだけ。 Request URI Webhoooksのサービス説明画面からDocumentationのリンクをクリックすると、自分用のリクエストURIをチェックすることができる。基本的には、 https://maker.ifttt.com/trigger/{event name}/with/key/{token} がリクエストのURIになる。これを、GETかPOSTで送信すればOK。 パラメータはPOSTのときのみ対応(なのかな?)。3つの値をJSONで送信することができる。curlコマンドは下の通り。 curl -X POST -H "Content-Type: application/json" -d '{"value1":"hoge","value2":"fuga","value3":"hage"}' https://maker.ifttt.com/trigger/{event name}/with/key/{token} THEN あとは自分次第だけど、スプレッドシートに記録したり、LINEに通知したり、いろいろできて便利そう。...