担当するサービスが変わって改めて大切だと思ったこと

同じ部署の同僚と話していて、改めてわかった。

自分の経験や、先輩社員の話も踏まえて、所属する開発チームが変わってすぐの頃は、

  • 担当するサービスをしっかり知ること
    • サービスの意義、目指している世界観、課題
    • チーム内用語、スラング含む
  • 開発環境を知ること
    • 特にデバッグ方法が大事
    • ログの確認方法を知っておく
  • 入口と出口を常に意識すること
    • 最終的に何を出力するサービスなのか
    • 何をきっかけに処理が始まるのか

上記のことを、部署変わってすぐだけでなく、常に意識し続けることが大事だと改めてわかった。

投稿者: sussan_0416

さいたま市に住む一児のエンジニア。出身は北海道札幌市、学生時代に過ごした函館が好き。仕事はiOS・Androidのスマホアプリ開発。前職では、広告配信を最適化する機械学習システムの開発(Python)、アドサーバのAPI(PHP)を担当。