壊れたNikon D90

故障の経緯

2015年の文化の日、会社の人たちと軽井沢に行く日がありました。紅葉を見に行く予定でした。

寝坊したのもあり、急いで駅の階段を登っている途中、足がもつれて転んだら、ちょうどバッテリーのスペースに階段の角が当たり、陥没しました。2010年から2015年秋まで活躍してくれました。

そしてついに2017年、やっと、修理に出すことに。

最近はNikon D5100(妻が学生時代に買ったもの)を使っていたのですが、子どもが生まれるのを機に(?)、過去の精算の一環で(?)、この度修理に出すことにしました。

修理の申し込み

申込みは簡単。修理の見積もり・申込みページから、「D90」で機種を検索し、故障の症状を選択して見積もり。比較的スムーズに進むことができます。(URLは変更されている可能性があります)

故障の症状入力画面のスクショ

ニコンイメージングプレミアム会員の方は、ログインしてから入力しましょう。ログイン後に見積もり、インターネットで修理を申し込むことで、修理金額が10%割引になるとのことです。

ピックアップサービス

梱包用の箱と緩衝材を、指定日時に自宅に届けてくれます。これらを自分で用意するのは大変ですから、利用すると良さそうです。今回は、このピックアップサービスを利用することにしました。

まだ申し込んだ段階なので、手元を離れていませんが、無事、見積もりどおりのお値段で、帰ってきてくれることを祈ります……。

その後


ところで、出産というタイミングは、過去の精算をしたくなるタイミングなのでしょうか。このまえ私がスマホの電話帳を整理していたら、その前日に妻も整理していたと言っていました。