子どもの名前の条件

子供の名前が決まった。だいぶ前だけど、決まった。まだ性別はわかっていないので、男の子向け、女の子向けの2つを、妻と相談して決めた。

子どもができる前から決めていたこと

  • 漢字で1文字

鈴木の名字は、学校や職場で2人以上になることが多い。(貴)とか(紗)のように、名前の1文字目を括弧に入れて区別されがち。なので、漢字1文字書けばフルネームにできることを最優先に考えた。

なお、姓名判断の結果は考慮しない。

2人の考え方の違い

僕自身、名前はやはり、込めた想いがあるべきだと考えていた。どんな人になってほしいかを想い描いて、それを反映させた名前にしたいと思っていた。

妻はそうではなかった。妻が出してくる案は、文字数、リズム、響きを優先した名前だった。また、どんな人に育ってもフィットすることを意識していたようだ。

親のエゴを捨てる

子どもは、この世に命を受けたその時から、ひとりの人間として、自律して生きている。そこに、他人が想いを背負わせたり、与えたりすることはできない。それは、親が子の生き方を強いることになる。要するに、これが僕と妻の結論だが、と言うより僕が納得したことだが、名前を決めるにあたって願いや想いは特に込めないことにした。

最終的な名前の条件

結局、以下のような条件から名前を決めた。

  • 漢字にして1文字
  • 読みは3音、3拍
  • 格好よすぎず、かわいすぎず、中性的である

でも、実際のところ、どんな名前でも自分の子どものだったら、愛らしいもんだと思った。

今日は以上。

投稿者: sussan_0416

さいたま市に住む一児のエンジニア。出身は北海道札幌市、学生時代に過ごした函館が好き。仕事はiOS・Androidのスマホアプリ開発。前職では、広告配信を最適化する機械学習システムの開発(Python)、アドサーバのAPI(PHP)を担当。